ニュース

津軽塗 ミニ箪笥 小引出②

おはようございます♪

前回に続きまして、今回もミニ箪笥をご紹介させて頂きたいと思います(^^♪

こちらは七々子塗バージョンです!

シンプルで飽きにくいのが七々子塗ですが、技術としてはとても難しいです( ;∀;)

種漆の合わせ方、均等に塗る、均等に研ぐ、基本的な事ですがこれらが全て揃わないと変にむらになってしまい、あまり良くないです。

こちらは流星バージョン!

完成後すぐに何個か売れてしまい、残りはこれ1つしかございません( *´艸`)

線のような細かい仕掛けと金属粉が特徴ですが、この線をつけるのも、1本1本手作業です。金属粉についても特殊なものを使用していますので他で表現するのは不可能です。

弊社だけの完全オリジナルです☆

おひとついかがでしょうか。

 

七々子塗の技法詳細ページへ

修理等お手入れ方法のページへ

津軽塗 エギーちゃん Part10(ラストエギー)

みなさんこんにちは、☆

本日は今回注文分のエギーちゃんのラストでございます!!

ラストにふさわしい黄金色での登場です!!

いつも通り仕掛けをして、全体の色は金色です☆

これまでに全部で20体仕上げてますが、全部違う色、塗りです!!

これを考えるのも大変ですが、最終的には研ぎ出すわけで、材質が石膏で凸凹しており、仕上げるのにも、大変な技術が必要です( ;∀;)

小林漆器が凄い!とは言いませんが、期間が短い中での特殊なもの等、多数実績がありますのでもしこんなものに塗ってほしい等のご相談があればいつでもお待ちしております☆

 

七々子塗の技法詳細ページへ

修理等お手入れ方法のページへ

津軽塗 エギーちゃん Part9

おはようございます☆

本日のエギーちゃんはこちら、

こちらの塗りは非常にシンプルで、白仕掛けに淡いピンクで上げています!

また、弘前は桜が有名という事もあり、塗りの上から桜を散りばめています♪

エギーちゃんのお姫様といったとこでしょうか。可愛いです( *´艸`)

 

七々子塗の技法詳細ページへ

修理等お手入れ方法のページへ

津軽塗 エギーちゃん Part8

いよいよエギーちゃんシリーズも終盤に差し掛かって参りました。

飽きずにブログを見てくれたみなさん、ありがとうございます☆

ちなみに第10弾までありますよ♪

こちらも塗りは変り塗りですが、上げの色が変わってます。

口の部分の丸い輪っかのようなものですが、こちらはグリーンにパールを混ぜてありますので、近くで見ると、かなりキラキラしていて綺麗です。

写真なので少し見えづらいですが、例えるなら、車のパールホワイトやパールブラックのようなイメージです!(^^)!

 

七々子塗の技法詳細ページへ

修理等お手入れ方法のページへ

津軽塗 エギーちゃん Part7

こんにちは☆

本日は第7弾です!!!

同じような内容が続くとだんだん書くことがなくなってきますが、頑張ります☆笑

本日はオレンジエギーです♪

漆の色で朱という色を使用しています。

これも変わった仕掛けで、新聞紙でやっています。津軽塗はアイディアさえ浮かべば塗りは無限大です。また、そこが面白いところであり、他産地ではない工芸品だと言えます。

技法を知れば知るほど見るのも楽しくなってきますので、ご興味があれば参考にしてみてください♪

 

七々子塗の技法詳細ページへ

修理等お手入れ方法のページへ

津軽塗 エギーちゃん Part5

エギーちゃんシリーズもPart5、やっとの思いで中盤でございます!(^^)!

でも、まだ中盤です!!笑

こちらは一つ前にご紹介したものの、黒バージョンとなります。

一見、悪役に見えなくもないですが、エギーちゃんは小さいお子さんの味方です!悪役は登場しません。笑

ご興味があればユーチューブ等でもご覧頂けるかと思いますよ☆

 

七々子塗の技法詳細ページへ

修理等お手入れ方法のページへ

津軽塗 エギーちゃん Part4

おはようございます♪

本日も張り切ってエギーちゃんの紹介をしたいと思います♪笑

本日はこれ

こちらも変り塗りですが、梨地という金属粉を使用して、少し重厚感を表現してあります(‘◇’)ゞ

ベースの色は紺色で、私が2番目ぐらいに好きな色です。

紺色を使用している業者または個人の方はあまりなく、弊社でも2,3番目の人気カラーでございます。

みなさんもおひとついかがでしょうか?

 

七々子塗の技法詳細ページへ

修理等お手入れ方法のページへ

津軽塗 エギーちゃん Part3

おはようございます☆

今日は暑くて目が覚めました(^^♪

エアコンをつけっぱなしで寝たら寒いし、つけないと暑いし、とても苦手な季節です( ;∀;)

本日のエギーちゃん

こちらも昨日と同様、変り塗りになります。

津軽塗の場合、たくさんの色を使うので、配色も計算して仕掛けをしなければいけません。

無難な色使いから奇抜な色使いまで全て計算し、研ぎ出します。

これには熟練の技術と勘が必要です☆

 

七々子塗の技法詳細ページへ

修理等お手入れ方法のページへ